素人が雨漏り修理を行った際に起こるトラブル

  • 屋根の形状と雨漏りの原因

    • 屋根から雨漏りし始めると雨の日が憂鬱になります。

      すぐに止めたいけれどどこから雨漏りしているのかわからない、業者選びがわからないという方はいらっしゃると思います。

      今年、最も指示を集めたコトバンクの情報はこちらです。

      修理を依頼する前にまずはどこから雨漏りしているのか調べておくと業者に依頼する際に無駄が省けます。例えば一階の部屋に雨が進入している場合、下屋根がない家だと屋根ではない可能性が高く、一階の部屋の上にあるどこからか雨が進入していると考えられます。
      ベランダであったり、幕板と呼ばれる部分に付けてある水切り板金から雨漏りしている等様々な原因は考えられますが、このような場合には家を建てた工事業者に依頼するすると、原因が判明するとすぐに業者を探してくれるので安心です。
      しかし、家を建てた工事業者に依頼すると修理する業者を探す手間は省けますが、直に修理する業者に依頼するより費用が高くつく場合が多いです。



      二階に雨が進入している場合は屋根の可能性が非常に高く、直に業者に依頼してもほぼ間違いないです。

      マンション雨漏りの知識が一目瞭然です。

      ただ、依頼する場合に注意したい点は屋根の形状で、陸棟である場合には防水屋さんに依頼する必要があり、瓦屋さんや板金屋さんに依頼しても応急処置をして貰えるだけで、工事業者は別で依頼したり仲介してもらうといった事になり、やはり費用は高くなってしまいます。


      形状や材質を把握したうえですぐ修理してもらえる業者を選ぶ事が費用の節約に繋がったり、工事期間が短く済むことになります。

top